« 比喩と印象操作: | トップページ | 「規制緩和」という言葉を理解できない法律家たち »

2009年8月22日 (土)

hamachan公開インタヴュー

>デンマーク社会全体が一つのグループ企業のようなもの
>解雇自由といってもそれはある子会社から配転することが自由だという意味に過ぎません

確か「これは解雇が痛くない社会であることを説明するための比喩」であると釈明されましたね。

解雇が痛くない社会であるのは、なぜですか?

1:解雇の場合には給付が充実しているから…
2:解雇と言っても「デンマーク社会全体」の意向で、当該労働者を現在の職場から解雇し、尚且つ、「デンマーク社会全体」の責任で、当該労働者を次の職場に配置するから…

>デンマーク社会全体が一つのグループ企業のようなもの
>解雇自由といってもそれはある子会社から配転することが自由だという意味に過ぎません

という「比喩」は「2番目の理由」のことを言っているように見えます。それは、本当ですか?違うとすれば、この比喩は実際にはどういう意味なのでしょうか?

------

「新しい労働社会」~濱口桂一郎著、岩波新書~

« 比喩と印象操作: | トップページ | 「規制緩和」という言葉を理解できない法律家たち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: hamachan公開インタヴュー:

« 比喩と印象操作: | トップページ | 「規制緩和」という言葉を理解できない法律家たち »